多汗症の疑いがあればクリニックの診察を受けましょう

  1. ホーム
  2. チェックしてみましょう

チェックしてみましょう

カウンセリング

わきがや多汗症の疑いを確認してみましょう。しかし、一般的なチェックに当てはまらない場合もあります。気になる点があれば、クリニックで診察を受けるようにした方が良いでしょう。早めの気付きが早めの解決に繋がります。まずは、わきがの症状を持った方が親族にいらっしゃるかどうか、確認してみましょう。この体質は遺伝によるものが大きいとされています。もしもご家族にわきがの症状を持った方がいらっしゃるのであれば、クリニックでの診察を受ける必要があるかも知れません。次に、衣類の黄ばみがあるかどうかを確認してみましょう。わきがや多汗症の方に見られる特徴としては、脇の下に黄ばみや変色が見られることです。アポクリン汗腺からの分泌が行なわれている場合にこのような事象が見られます。

多汗症は、日頃の生活リズムにより発症している場合もあります。ご自身の生活リズムを確認してみましょう。まずは、ストレスを感じる割合について振り返ってみましょう。日頃ストレスを感じていると多汗症に陥りやすいと言われています。また、肉料理や油ものの料理を好むことも多汗症に繋がります。睡眠リズムにも気を配ってみましょう。睡眠不足であったり不規則な睡眠をしているとその症状は起きやすくなります。

多汗症はどのような症状を引き起こすのでしょう。症状から多汗症であるかどうか確認しましょう。最も多いとされるのは、手のひらや脇の下に汗をかく点です。多汗症の方は、緊張することでこの症状が多く見られるようです。これらの症状に当てはまる場合には、クリニックでの診察を受けることを検討されると良いでしょう。適切な対応を取ることで症状を防ぐことができます。