多汗症の疑いがあればクリニックの診察を受けましょう

  1. ホーム
  2. 新しい制汗剤

新しい制汗剤

医者

多汗症に対する治療として様々な方法が考案され展開されていますが、その中でも特に手軽な治療が行なえることから人気を集めているのが制汗剤の存在です。通常の制汗剤と比べて高い効果を発揮するその製品は、様々な特徴を持っています。その最大の利点は、長時間の効果持続です。使用方法は、患部への直接塗布になります。脇や手足など、発汗を抑えたい部位に対して直接塗布します。すると、制汗剤の成分が汗腺中の水分と反応します。制汗剤の効果により角栓が汗腺の深部へ作られ、発汗作用にふたをします。制汗剤には様々な種類があり、一般的に販売されているものも存在します。それらの製品は手軽であるものの効果の持続時間が短いという欠点がありました。しかし、新しい制汗剤は医師の診療が必要となる医薬品という形を取っており、より効果が持続するという利点を生み出しています。期間の長さは圧倒的で、一回の使用につきおよそ三日間から五日間程度効果が持続するとされています。また、アレルギーに関する考慮も最大限行なわれている点も特徴です。

多汗症を抑える効果の高いこの製品には、様々な成分が含まれています。代表的なものはエタノールです。エタノールの効能により、汗腺内の深部まで角栓を運ぶことができます。市販の製品と最も異なる点として、水を含んでいないという点があります。市販の製品は水を含んだエタノールが用いられますが、この製品に用いられているエタノールは水を含みません。水が含まれていると塩酸が生成されてしまい効果が落ちるのですが、その欠点を解消したエタノールが用いられているのです。また、製品には塩化アルミニウムも含まれています。エタノールに水が含まれているとこの塩化アルミニウムと反応を起こしてしまうという特徴がありました。塩化アルミニウムは汗腺にふたをする役割を果たします。ふたをすることによって発汗を物理的に抑えることができるのです。また、乳酸アルミニウムも成分の一つとして含まれています。この成分は、発汗を抑える際の刺激を緩和させる重要な役割を持ちます。これらの成分が合わさることにより、多汗症に対して絶大な効果を発揮する製品が生まれるのです。

多汗症の治療には様々な方法が用いられますが、クリニックで処方されるこういった医薬品に目を向けてみても良いでしょう。