多汗症の疑いがあればクリニックの診察を受けましょう

  1. ホーム
  2. 気になる治療方法

気になる治療方法

女性

多汗症の治療には、ガイドラインが設けられています。その内容に沿って適切な診療が行なわれるようになっているのです。多汗症が発生している場所などに応じて様々な治療が用いられます。多汗症の症状が認められた場合には、まず塩化アルミニウムによる治療が行なわれます。この方法は、手のひらや足の裏、脇と言った一般的な多汗症の箇所に対して用いられます。塩化アルミニウムを用いると、皮膚の炎症を起こすという副作用が発生する可能性があります。そうした状況への対策もガイドラインでは用意されています。ガイドラインに基づくと、治療の停止やステロイドの使用という方法が用いられます。塩化アルミニウムと並んで最初の選択として用いられるのが、イオントフォレーシスです。この治療方法は、電流を用いた治療方法です。電流を流した水が入っている容器に手足を入れます。この治療方法は手足の多汗症治療に効果を発揮します。継続的に治療を行なうことでほとんど多汗症を抑えることができますが、一方で、継続を中断すると症状が再発してしまうという特徴もあります。継続が求められるのです。また、副作用に関してはほとんどないとされており、安心できる治療方法です。

これ以外の治療方法としては、ボトックス注射という治療方法が存在します。ボトックス注射は多汗症に対して絶大な効果を発揮します。その仕組みは、ボツリヌスと呼ばれる菌によって構成されています。ボツリヌス菌から抽出される物質により発汗を抑えるというものです。ボトックス注射についても、副作用が少ないということが大きな利点とされています。皮膚の切開などを行なわず注射で済むためです。気になる効果の持続期間は人によって異なりますが、およそ半年間程度とされています。

また、その他の治療方法として超音波を用いた治療というものがあります。これは、脇の下を数ミリ程度切開することにより行なわれます。切開箇所から超音波を発し、アポクリン汗腺を破壊するという内容です。多汗症治療に高い効果を発揮しますが、傷跡が残ったりやけどを引き起こしたりする可能性もあります。メスを入れることで治療をする方法は他にもありますが、メスを入れる分高い効果を期待できると言えるでしょう。ご自身の症状がどの程度のものなのか、改善に必要な治療のレベルはどの程度のものなのか、見極めていく必要があると言えるでしょう。